An electroshock survey

2015~2016年にかけてカリフォルニア州は記録的な渇水に見舞われました。渇水により水があまり流れなくなり藻が大量に発生したため、水中の酸素不足や川底の沈殿物による水生昆虫の激減により、相当数の魚が死んでしまったようで More »

シエラ・グランドスラム/The Sierra Grand Slam

シエラ・グランドスラム カリフォルニアで釣れる5種のトラウトを1日で釣り上げました (全て純血種・・・・・証人あり) 今回の”The Sierra Grand Slam (シエラ・グランド・スラム)”の達成は私にとっては More »

2015年、シエラ・ネバダの解禁日

2015年のシエラ・ネバダの多くの釣り場が解禁される4月25日、標高2400mの高原へ出掛けました しかしそのキャンプ場は吹雪、朝8時で気温0℃、昨年もまだ雪が残っていましたがこれほどの悪天候ではありませんでした。 仕方 More »

絶滅に瀕したPaiute cutthroat(パイユート・カットスロート)

Paiute cutthroat(パイユート・カットスロート)は、絶滅に瀕したカリフォルニア原産のトラウトです。 5千~8千年前に 侵食によって分断された川により、Lahontan cutthroat(ラホンタン・カット More »

”紅葉写真”,CONVICT LAKE

この湖は標高約2400m、その昔(*)1871年にカーソンシティー(Carson City、ネバダ州)にある牢獄から脱獄した6人の犯罪者が逃げ込んだ場所にちなんで、”CONVICT LAKE “と名づけられた More »

 

Mono Lake

Mono Lake(標高1900m)は、ヨセミテ国立公園に登るTioga Pass(タイオガ・パス)の入り口から、パノラマ街道US-395を少しだけ(5分)北上した所にあります。

海水の3倍以上もある塩湖で、釣りには不向きの湖ですが特殊なハエ(アルカリフライ)とエビ(ブラインシュリンプ)が生息しています。

元々は76万年前(100万年前ともいわれている)に出来た巨大な湖だったようで、昔(氷河期)より水位が200m以上下がったらしく、北アメリカで最も古い湖の一つであるらしいのです。

シエラ・ネバダ山脈

シエラはスペイン語で、”雪の降る鋸歯のような山” 、北部のフレドニア峠、スーザン・リバーから、南部のテハチャピ・パスまでの、カリフォルニア東部の約650kmにもおよんでいる、高い山と深い谷が連なる山脈です。大きな滝がいくつもあり、深さ300m以上の湖がいくつもあります。
東側はモハベ砂漠が隣接し、南端にはスペースシャトルが着陸したエドワード空軍基地が広がっています。

『ネイティブ・トラウト』と『ワイルド・トラウト』

『Native Trout』 と 『Wild Trout』の違い。

英語圏の人でも解釈に違いがあったため、公にカリフォルニア州政府の”California Department of Fish and Game”が以下のように定義しています。

California Department of Fish and Game

シエラ・ネバダ山脈、釣りの解禁日

4月27日、Opening Day・・・・4月の最終土曜日は、シエラネバダ山脈の中にある多くの川や湖の釣りの解禁日です。早速早朝にロサンゼルスを出発して、ゴールデン・トラウトが潜むj川に出かけました。

ホット・クリーク、Hot Creek

ロサンゼルスから395号線を北上した北カリフォルニアに位置し、”ロサンゼルスの奥座敷”といった感じの町”マンモス・レーク”から20分ほどの”マンモスレーク飛行場;The Mammoth Yosemite Airport (MMH) ”の傍を流れている。